Monthly Archives: 10月 2017

中古コピー機の利点

中古コピー機
引用|中古コピー機導入|OAランド

中古コピー機を導入するメリットとして、初期費用の安さ、また、長期的経費の安さについて説明しました。その他にも、リース契約に場合には、契約が終わったとしても、その所有者は自社になることはありませんので、再契約が必要になってきます。あるいは、別の機種にしたいと考えた場合、契約が終わるまで自由になることはありません。長期に渡りしばりがあり、長い目で見た場合に、実はコストがかかってしまうということを知っておきましょう。

中古コピー機を購入した場合、自社の持ち物になりますし、最初に費用を払った後は、特に手数料等をとられることもない為、トナーやコピー用紙等のランニングコストだけで続けて使用していくことができます。中古コピー機ですので、どんなコピー機を選ぶかで大きく値段は変わってきますが、その会社にあったコピー機を上手に選び出すことで、その後も長く使用することができます。

まずは、どんなコピー機があるか、業者に問合せをしてみてはいかがでしょうか。会社で必要な月間印刷枚数や、予算、必要な機能、好み等を業者に伝えれば、プロの目で適切な商品を提案してもらうことができます。安いだけでは業務に差し障ることがありますので、しっかりと見極めて選択しましょう。

費用を抑えた購入方法

オフィス機器で、複合機といえば、パソコン同様、なくてはならない存在となっています。複合機は一台だけでも良いものであれば百万円を超える商品もありますので、その導入方法の選択によって、かける費用が大きく異なってきます。ただし、目先の安さだけで選択してしまうと、長期的な目で見た場合、実際にはトータルコストが高かったということにもなりかねませんので、導入方法についてはしっかりとメリット・デメリットについて把握しておきましょう

メリットリース契約の場合、初期費用がほとんどかからず、ゼロ円であるという最大のメリットがありますが、その後のランニングコストに目を向けた場合、手数料は保守費用、様々な費用が上乗せされ、月々のリース額が実際必要な額よりも高くなります。もちろん、初期費用がかかっていないので、安いはずと考えてしまいがちですが、リース契約は5年といったように長期です。途中契約もできませんので、その契約期間、ずっと払い続けたとして、実際にはかなりの額を支払っている事になります。その点において、初期費用が安く、しかも長期的にみてもリース契約より安く購入できる手段として、中古コピー機での導入方法は、大きなメリットと言えるでしょう。

複合機等の購入方法

中古コピー機複合機のようなオフィス機器を導入する場合、その初期費用は考えられない程高額になります。もちろん、家庭用とは違い多機能であり、そのスピードや品質を考えれば当然ではありますが、事業主としては、できるだけ費用をおさえたいと考えて当然です。一般的に、オフィス機器を導入する際に思いつく導入方法は、新品の購入、リースやレンタル契約、中古コピー機の購入等があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、どれが最も適していると断言はできません。会社の方針、条件、好み、品質によって異なりますが、まずは購入費用を抑えるという点に重きを置くのであれば、中古コピー機の購入がお勧めの方法となります。

大企業や資金に余裕がある場合には、迷わず新品のコピー機を購入をされることもあるかもしれませんが、まずほとんどの企業がそのような余裕はありません。特に中小企業や個人事業主の方は、複合機導入を考えた際に、リース契約が一般的ではと考えた方もおられることでしょう。しかしながら、リース契約には長期的に見た場合、あまり知られていませんがデメリットが生じることがあります。このように、導入方法については、しっかりと考慮した上で決定する必要がありますので、ここでは、費用を抑えた購入方法、そのメリットやデメリット、中古コピー機が良い理由等について、これから導入を検討される方に参考にしていただく為に、それぞれ紹介したいと思います。